Author Archive

オススメの使用方法

カルダモンはとても芳香性が強く、入浴剤として使用することに適しています。しかし入浴剤として使用する場合は、エッセンシャルオイルをそのまま浴槽にいれないようにしてください。オイルを直接落としてもお湯に混ざりませんし、高濃度のまま皮膚に付着する危険性があります。必ず別の素材に混ぜてから使ってください。


エッセンシャルオイルを入浴剤とし使う最も簡単な方法は、塩に混ぜこむことです。小皿一杯程度の塩に、オイルを数滴お好みで垂らし、スプーンなどで軽く混ぜてください。それだけで、カルダモンの芳醇な香りを含んだバスソルトオイルが完成です。このバスソルトを浴槽に落とし、手桶などでお湯をかきまぜると、豊かな香りがバスルームに立ちこめます。溶け残りの塩が浴槽を傷つけてしまうことがあるので、底からしっかりと混ぜてください。また、このバスソルトに蜂蜜を垂らすと、ボディスクラブとしても活用できます。お湯を足して粘度を調節し、体のかさつきや角質が気になる部分を軽くマッサージすると、エッセンシャルオイルを含んだ塩の粒が、古い角質をやさしく剥がします。カルダモンの甘くスパイシーな香りと蜂蜜の匂いは相性も良く、スクラブを洗い流さずにお湯に入ると、そのままバスエッセンスとしても楽しめます。

ブレンドする場合の相性

インドではスパイスの女王とも呼ばれ、親しまれているのがレモンのような爽やかでスパイシーな香りが魅力のカルダモンです。インドでは3000年以上も前から薬品として使用されており、もっとも古くから使われているスパイスの一つです。カルダモンのオイルとブレンドするときに相性の良い香りは樹木系のものや樹脂系のものです。


シャープでスパイシーで温かみのある香りのブラックペッパーや、バラに似た甘さにややスパイシーなウッディー調の香りのローズウッドなどは特に相性が良い香りといわれています。主な産地はインドやスリランカ、コスタリカ、グアテマラなどで、ミドルノートで中程度の香りの強さが特徴です。カルダモンの香りには脳を刺激する作用があるので、頭をスッキリとさせて集中したい時などにはおすすめです。そして健康面での効能としては消化促進作用があるので、お腹が張って苦しいときや痛みを感じる時にそれらの症状を和らげる効果が期待できます。その他にデオドラント効果もあるため、体臭が気になるときなどにも使用でます。アロマポットなどを使った芳香浴や、入浴時に使用したり、ヘアケアやトリートメント、スキンケアなどがおすすめの使用方法です。

カルダモンコーヒー特徴

海08中近東では、カルダモンの精油や種子の粉末を加えたカルダモンコーヒーがよく飲まれており、招待客に対してはこのコーヒーを淹れてもてなすことが作法とされています。最近では、アメリカなどのコーヒー愛好者の間でも、カルダモンコーヒーの人気が高まってきています。このコーヒーは、トルココーヒーとしても知られている煮るコーヒーであり、トルコだけでなく、レバノンなどでもとてもポピュラーです。底にカルダモンの粉を沈めたままカップにコーヒーを注ぐため、独特の舌触りが特徴となっており、消化を助ける働きがあるので食後に飲むのがオススメです。カルダモンというのはショウガ科の多年草であり、インドやスリランカ、マレー半島などが原産国です。


最も古いスパイスの一つと言われており、もともとは東洋のスパイスだったのですが、ローマ時代にはヨーロッパにも伝わり、主に香料として使われていました。カルダモンには、消化を助けるという作用だけでなく、体を冷やすという効果もあるため、日中の気温が40度近くまで上がるアラブ諸国においては日常生活に欠かせないものとなっているのです。ほんのり甘く、清涼感のある香りも特徴的なのですが、オールスパイスやクローブなどと一緒にコーヒーに入れることが多いです。

カルダモンの主な産地

海07カレー粉の主要原料の一つにカルダモンがあります。ショウガ科の果実で、香りの王様と呼ばれるほど、強い香りがします。カルダモンはインドでは紀元前千年以上前からスパイスとして広く親しまれてきました。また、食用以外にも、泌尿器系の病気に効果があるとして薬として用いられたり、脂肪を燃焼させる効果があるとして生薬としても古くから用いられてきました。


 

カルダモンの原産地はスリランカやインドの南部で、グアテマラやタンザニア、コスタリカでもよく獲れます。日本国内においては、インド産がカルダモンが輸入されていますが、高価なスパイスであるため、類似品も多く出回っています。たとえば、スリランカ産のセイロンカルダモンもよく見かけますが、形がカルダモンよりも長く、品質も劣ります。また、カルダモンの代用品として、タイなどからシャムカルダモンと呼ばれる白い豆も輸入されています。

カルダモンの香りは中の種が熟してくると変わってきます。肉料理に入れると、肉の臭みを消す効果があります。入れ過ぎると逆にカルダモンの香りが強くなりすぎて逆効果になります。北欧諸国では、パンやケーキなどに入れたり、カルダモンシュガーとして利用することも多いです。

肌への効果

カルダモンとはアロマの一種でショウガ科の仲間になります。アロマですのでリラックスしたい方などに良い働きがありますが、具体的にはリフレッシュ効果を高めてくれて、気分を高揚させてくれます。

肌にも良い働きがあり、血行促進を促してくれますので、今まで行き届かなかった神経細胞にまで栄養素が行き届くようになります。これによって肌が新しい肌に生まれ変わるターンオーバーが正しく行われるようになります。


 

そのほかにもデオドラント効果もありますので、汗の臭いや加齢臭などを抑える働きをしてくれます。またストレスの解消や集中力の向上、記憶力の向上などにも効果的です。

体にもたらす効果としては消化器官の機能を向上させる働きがあります。ですので胃が弱っている方や便秘の方、下痢の方などにも良い効果を発揮してくれます。

食欲を増進してくれて消化不良を改善、それが唾液の分泌や口臭予防などにも繋がっていきます。ですのでこれらの症状にお悩みの方はカルダモンをお試しになってください。

また体を温める働きもありますので、冷え性の方にも効果器ですし、気管支炎、痰などの症状改善にも働きかけてくれますので、これらの症状でお悩みの方は一度このカルダモンをお試しください。

身体への効果

海06消化促進作用やお腹の張りへの効果があるハーブやスパイスなどとして利用されているのが、カルダモンです。
適量ハーブティーとして使用すれば、身体に問題ないのですが過剰摂取すれば胆石などがある方にとっては痛みが出るスパイスです。


カルダモンの使用上の注意としては他のハーブやスパイスと同じで、過剰摂取をしなければ滋養強壮や消化不良や消化促進に効果があるハーブとして貴重な食材です。
カルダモンの利用の歴史としては古くから原産地であるインドでは生薬やスパイスとして利用されてきた歴史があるので、過剰摂取は厳禁です。
カルダモンは単体で使用するものではなくて、ハーブティーやスパイスやアロマオイルの成分の一つとして適量使うといい効果が認められるものです。
カルダモン単体での内服は厳禁で、刺激が強いため使用量に注意が必要なものです。
カルダモン単体を買って自分で使用するのではなく、カルダモンの成分が入った市販のハーブティーやスパイスを料理に使用するのが安全な方法です。
カレーの原料として有名なガラムマサラの主な材料なので、ほとんどの方は知らず知らずのうちに口にしています。
アロマオイルにも成分として入っている場合がありますが、肌が弱い方には刺激が強い場合があるので、成分にも注意しないと痛みが伴う事も有ります。

精神への効果

調味料の一種である香辛料は香りや風味付けに欠かせない存在であり、スパイスと呼ばれ国内以外でも海外には沢山のスパイスが存在します。スパイスは香りや風味が刺激的なものが多く、その作用が脳や精神に働きかけて様々な効能を発揮するので健康や美容にも古くから用いられています。その中でもインドカレーにも使用されているカルモダンは様々な効果があることが知られており、さわやかな香りは精神を落ち着かせる効果が高く緊張やストレスを和らげることが出来ます。


それ以外にも香りの刺激により眠気覚ましや痙攣を治す気付けとしての効果もあり、正しく利用すれば様々な症状を和らげる万能なスパイスなので大変便利です。レモンや唐辛子等と比べてカルモダンは脳波の数値の変化が格段に高いことが知られており、高い効果を発揮すると同時に多量に使用すると刺激が強すぎるので使いすぎには注意する必要があります。またカルモダンには口臭や二日酔いを解消する効果があるので、デートの前や飲酒後にはカルモダンを噛むことで効果的に解消することが出来るのでオススメです。料理に用いる香辛料として広く使用されるカルモダンを上手に利用して、日々の生活に役立ててみてはいかがでしょうか。

主な芳香成分

カルダモンの主な芳香成分は、α-テルピネオール・1,8-シネオール・サビネン・リナロール・ピネン・ジンギベレンなどになります。カルダモンは、ショウガ科の多年草になり南インドを中心としたアジアの熱帯地域が原産になります。無色から淡い黄色をしていて、オリエンタルでスパーシーな香りがします。コーヒーの味付けなどにも使われています。


カルダモンの作用は、不安や恐れを解消して充足感を感じる作用があり、脳を刺激する働きがあるので、精神の集中を助けたりする効果もあるといわれています。消化促進作用があり、消化器系不調を改善させる作用があり、消化不良や腹痛などに有効といわれていて食欲増進効果も期待することができます。抗カタル作用や鎮静作用・神経強壮作用・利尿作用・気管支炎緩和作用などの効果もあるといわれています。デオドラント効果もあるといわれています。カルダモンと相性が良いエッセンシャルオイルは、フランキンセンス・シダーウッド・ガルバナム・ベルガモット・オレンジ・イランイランなどになります。樹木系や樹脂系のエッセンシャルオイルと相性が良いです。カルダモンの注意点は、高濃度で使用すると肌に刺激があり、まれにアレルギー反応を起こすことがあり敏感肌の方は注意が必要になります。

カルダモンの使用上の注意点

海05カルダモンは、インドでは3000年以上も前から使われているスパイスの一種で、ショウガ科の植物です。スパイシーでレモンのような香りがするのが特徴で、消化促進作用や、体を温めたり、消臭・殺菌作用などがあります。使い方としては、コーヒーや紅茶に入れて香りを楽しむ場合もありますし、精油は入浴時に使ったり、アロマテラピーに使ったりもします。精油というのは、植物から抽出される揮発精油のことです。カルダモンの精油は、その香りの良さから、リフレッシュ効果などが期待できます。
カルダモンを精油として使用する場合には、体の状態や時期によっては使用できない場合や、注意して使用しなければならない時があります。まず第一に、精油として使用する場合には、高濃度で使用することは避けなければなりません。高濃度で使用すると、肌に強い刺激を与えることがあり、場合によってはアレルギー反応を引き起こしてしまうからです。そのため、肌の弱い人や、乳幼児に濃度の高いカルダモンの精油を用いることは避けましょう。


妊娠初期の方も、高濃度のカルダモン精油を使用することは避けるべきです。肌に悪影響がある以外に、アレルギー反応が出てしまうと、お腹の赤ちゃんに対しても悪影響が出てしまうからです。